乾燥肌のスキンケア・30代で気を付けるべきこと

乾燥肌と言っても、その原因や、どれくらいのレベルで乾燥しているのかというのは人それぞれですよね。

それは、元々の肌の状況や生活環境などにも左右されますが、もう一つの要因として世代によっても乾燥肌の状態は異なります。

そのため、乾燥肌のスキンケア一つとっても、30代と40代、はたまた50代では、ケアの方法やアイテム選びが違ってくるということを知っておきたいところです。

では、乾燥肌のスキンケアとして、まずは“30代”向けの効果的な方法を、まとめていきたいと思います。

30代に突入してから、急に肌がカサカサし始めたという方は、少なくないかと思います。

これは、仕事や家庭環境が30代になると急激に変化する女性が多く、それによりストレスが大きくのしかかってくること、また、肌の状態として「セラミド」や「コラーゲン」などの、肌の内側に元々あった保湿成分が減少することにあります。

ストレスというのは、体内に活性酸素を生み出します。

そうでなくても活性酸素は、呼吸をするだけで毎日生まれて、細胞を傷つけて老けさせるという恐ろしいもの。

これによって肌細胞も弱って保湿力が無くなり、いつもと同じケアでは潤いが足りないと感じるようになります。

また、セラミドやコラーゲンが減ってくると、肌のハリやツヤがなくなり、一気に老けた印象になり、鏡で自分を見て驚いた…という声があるくらいです。

特にセラミドは、細胞同士の間で潤いを吸収して、ピンと張ったぷるぷるな肌を作ってくれるのに欠かせないので、それが無くなれば、いくら潤いを与えても吸収されずにシワシワのまま…というのがイメージできますよね。

こうした30代の乾燥肌の特徴を押さえた、適切なスキンケアとは何かというと、そのポイントは、

・ビタミンC誘導体など活性酸素に効く成分を選ぶ

・化粧水、乳液またはクリームのステップをしっかり行う

・セラミドやコラーゲン入りのスキンケアでツヤとハリを与える

こうしたことが挙げられます。

活性酸素は、日々生まれているのでそれを完全になくすことはできません。

しかし、ビタミンCなどの“抗酸化作用”がある美容成分を使うことで、その働きを抑えることはできます。

ビタミンCの他にも「アスタキサンチン」や「ポリフェノール(カテキン)」入りのスキンケアなどが効果的です。

そして、化粧水で水分を、乳液やクリームで油分を…とう2つのバランスをしっかり与えることで、潤いが長続きします。

クリームのベタベタ感が嫌いで若い世代では使わないという人も多いのですが、30代ともなると油分も枯れて小ジワやほうれい線が目立つ原因となるので、水分を逃がさないフタのようにうっすらと馴染ませるだけでも効果的です。

さらにセラミドが配合されていると、尚肌の保湿力アップができていいですね。

乾燥肌のスキンケアは30代の場合は、20代までと大幅に変わることはありません。

ですが、より高い潤いを補給できるケアの方法や、入っている成分を見直すだけでもモチモチとした感触の肌に戻れます。

まずは、使っているアイテムやその成分を見直してみるといいかもしれませんね。

【関連記事】⇒乾燥肌の原因とその対策!基本はコチラ

SNSでもご購読できます。