乾燥肌のスキンケアで40代に必要な変更点!

乾燥肌のスキンケア、特に40代からのカサつき気味な肌にはどのようなスキンケアが有効なのでしょうか?

乾燥肌のスキンケアと言っても、30代と40代とでは変化させていった方が良いポイントがあります。

・小ジワやたるみに対応できるスキンケア

・水分だけでなく、油分を与えるケア

・潤いを貯蓄できる肌へと変えていくケア

など、これらの点に注目していきましょう。

まず、よりピンポイントな悩みに効果的なアイテムや成分を取り入れることです。

目元の小じわが目立ってきたという人には、顔全体のクリームに加えて、アイクリームでや目元用パックで部分的に保湿をしっかりと行うことが大切。

他にも、スキンケアを一通りした後にツッぱるのが気になるところには、部分的にクリームの重ねづけも有効です。

目元や口元の小さなしわは、肌のたるみも原因となりますが、大部分は肌の乾燥からくるものなので、弾力を取り戻すことよりも、まずはカサつきを軽減するところから始めましょう。

次に、保湿成分をしっかりと貯水できる肌に変えていくということ。

20代、30代と比べても、40代からというのは水分を蓄えておく機能が弱まってきます。

そのため、どれだけ化粧水を使っても、パックして美容成分を届けようとしても、その潤いを肌の中に長時間保てないのですぐに砂漠状態に。

それを改善するためには、貯水力が豊富な“ヒアルロン酸”を配合したケアアイテムや、“セラミド”の含有量が多いものを選択して毎日のスキンケアにしていきましょう。

これらの成分は体の中で作られるものではないので、肌の外から与えてあげるしかありません。

化粧水、乳液、クリーム、美容液とすべてに入っていなくてもいいので、どこか1つや2つのアイテムで、ヒアルロン酸やセラミドを取り入れていくことをお勧めします。

さらに、40代の肌は乾燥することによって、全体的にしぼんだ印象になってしまうことを忘れずに。

乾燥しているということは、肌細胞がピンとしたハリを持っていないということなので、肌全体を見たときの見た目年齢が実際よりも上に見られる…という人も多いのです。

30代の頃はただカサカサしていただけの乾燥肌へのスキンケアも、40代に突入したら「ハリ・ツヤ」にも注目して選び直していきましょう。

ポイントは、良質な油分であるホホバオイルやアルガンオイルなどの植物オイル配合の化粧品や、コラーゲンなどで肌表面にバリアを作って、ツヤとハリを保ってくれるもの。

これらのスキンケアアイテムは、見た目のハリ・ツヤを出していくだけでなく、肌の内側の潤いを守る役割も果たしてくれるので、エイジングケアのスタートとしてもピッタリなんです。

また、肌の細胞が潤ってふっくらとハリ感を持つことによって、毛穴も目立ちにくくなるというのが嬉しいところ。

毛穴がキュッと引き締まると、ファンデーションのノリも変わっていくため、若々しい印象を作るためのポイントにもなるのです。

このように、乾燥肌のスキンケアとして特に40代に向けての大切なポイントとなるのが、「悩みのポイントケア」、「水分と油分のバランス」、「ハリとツヤ」です。

肌の調子がガクッと下がってしまった、どことなく見た目年齢が老けてきた気がする…そんな時にこそ、スキンケアの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】⇒保湿とエイジングをWで叶えるクリームが40代には必要!

SNSでもご購読できます。