保湿について

保湿のポイント!顔が敏感肌の人は要チェック

保湿、特に顔の保湿を行う時、敏感肌の人は普通肌の人に比べると、慎重にスキンケアアイテムを選ばないといけない…という大変な部分があります。

アレルギー体質であったり、肌の細胞が弱りきって潤いが浸透さえしてくれなくなると、とても敏感な状態になっていると言えます。

このように顔が敏感肌の場合、スキンケア選びはどういったポイントに気を付けるべきなのか、またケアの方法の注意点はあるのかなどをまとめてみたいと思います。

まず、先ほども言ったように、敏感肌というのは乾燥肌を通り越して、最も細胞が枯れている状態にあります。

そのせいで紫外線や外の空気、ホコリや服の繊維、はたまた自分の髪の毛による刺激にさえ、肌が耐えられなくなっているという状況なんです。

つまりは、化粧品の成分にも敏感に反応して赤くなったり、いつもは使えていたスキンケアも使えなくなると言った変化も。

こうした際サインが現れた時には、敏感肌向けの保湿を顔に行っていきましょう。

そのポイントは、

・シンプルなケアにする
・水分をたっぷりと、油分はうっすらと
・クレンジングはメイク落ちの速さ重視で

この3つです。

まず、美白成分やエイジングケア成分などの強い美容液やクリームを使っていたという人は、一時的にシンプルな化粧水と乳液やクリームのみのケアにします。

弱った肌には美容成分も刺激になってしまいますし、せっかくの有効成分も浸透できないくらい肌が弱っているので使っても勿体ないだけ。

化粧水は肌が受け付けなくなるまでたっぷり何回にも分けて馴染ませていき、それにフタをする乳液やクリームは、少量を手のひらに伸ばして押さえるように塗ります。

この時、マッサージするように肌に摩擦を与えるのはNG。

余計に肌を痛めつけることになってしまうので、あくまでも、手のひらやコットンを使って、優しくというのが重要です。

また、保湿という面で顔をケアするというなら、敏感肌の人はクレンジングにも気を遣いましょう。

オイルは刺激があるというのは勘違い。

むしろ、汚れ落ちが早く顔にクレンジング料をのせる時間が短くて済むので、負担は少ないのです。

もちろん、オイルの種類によって肌に合う合わないがあるため、困った時は成分を確認しましょう。

少し高くても、植物性のオイルでできているクレンジングを選択するのがオススメです。

クリームやミルク、リキッドが好みという人も、ポイントメイクは先にリムーバーで落としておくと、顔全体のメイク落としが素早く落ちるので、どうしてもオイルが合わないときは実践してみてください。

クレンジングや洗顔の時にも、もちろん摩擦を与えるのはダメ。

クレンジング料や洗顔料の泡を使って、肌の上を指が滑っているというイメージ洗うのがコツです。

保湿は顔が敏感肌で困っている人にとっては、とても重要な部分になります。

化粧品が合わなくて困ってしまうという人も、シンプルなケアを根気よく続けることで、肌細胞が潤いを吸収できる状態まで戻ってきます。

そうすればまた、いつものスキンケアを使ったり、もう一段階上の美容ケアを行えるようになるので、諦めずに毎日の肌の状態と会話していきましょう。

【関連記事】⇒保湿クリームの違いとは?皮膚科処方の特徴

保湿の顔用アイテム 男性におススメのケア用品は?

保湿のケアを顔にするのは何も女性だけではなく、男性でも同じようにケアすることが推奨されます。

よくよく考えてみると、男性の方が顔にダメージを受けていることが多いと思いませんか?

・あまり日焼け止めを塗らない、または気にしていない

・髭剃りでの肌への刺激が大きい

・女性よりも皮脂が多いので、べたつくのを嫌う人も多い

こうした点から、保湿を顔にしっかり行うのは、むしろ男性の方が必要なのではないかと思われます。

まず、女性ほど日焼けすることを気にしなかったり、朝忙しくて日焼け止めまで塗ろうと考えない人もいますし、むしろ洗顔をした後にスキンケアを塗らない人が多いのではないでしょうか?

そして、その理由として、“ベタベタするから”というのが一番多いかと思われます。

ですがこれはむしろ保湿をした方が良いからこそ、ベタベタしているんです。

顔は乾燥していると、保湿するために自分から油分を分泌します。

だから、顔を洗った後に何も塗らないでいると、外からの刺激や乾燥に負けないようにと油分が出てきて、それがべたつきの原因となってしまうのです。

また、髭剃り後ので肌表面が荒れている時にも、何も塗らずにいると乾燥肌や敏感肌になってしまう原因に。

男性の肌も女性と同じように日々ダメージを受けているのに、スキンケアがあまり重要視されていないということが問題かもしれませんね。

では、保湿ケアを顔に行う時、男性の場合はどんなケアをするのが最適なのでしょうか?

・いくつものアイテムを付けるのは面倒くさい

・男性ホルモンで油分の分泌は必然的に多い

・男性向けのメントール感には要注意

まずは、これらのポイントを押さえておきましょう。

女性は化粧水や乳液での丁寧なケアになれているものですが、男性はそうでない人もいることでしょう。

なので、始めからそういったケアをしようとすると継続できなくなってしまうことも。

そのため、オールインワンジェルやクリームで、ワンステップでケアが終わるものがオススメです。

オールインワンには水分と油分がバランスよく含まれているので、油分が多く出てしまう男性にもピッタリです。

この時気を付けたいのが、男性向けの化粧品に多い、メントールで冷感が得られるスキンケアアイテムです。

メントールは肌に爽快感を実感できるのですが、その代り刺激が強いというのが難点です。

特に、髭剃り後や日焼けをした後の保湿に、爽快感のある化粧品は避けていきたいところ。

同じように、男性向け化粧品には“アルコール分(エタノール)”が多いものもあるので、肌への刺激を考えると“男性用”の化粧品にこだわらなくても良いということを覚えておきたいです。

女性向けのイメージがあるスキンケア化粧品ですが、薬局やドラッグストアの売り場を見てみると、性別関係なく手に取れるような作りとなっているので、気軽に買い物に出かけることから始めるのが良いですね。

保湿ケアを顔に行う時、男性だからと言っても女性と全く違うケアをしなければいけないことはありません。

男性の肌も日々ダメージを受けているので、しっかりとケアしてあげたいですね。

【関連記事】⇒乾燥肌のスキンケア・30代で気を付けるべきこと

保湿クリームの違いとは?皮膚科処方の特徴

保湿クリームを手に入れる場所として、皮膚科という選択肢もあります。

普通なら、ドラッグストアなどで市販されているものを購入するのですが、乾燥状態が酷い時や、市販の化粧品では手に負えないという場合には、皮膚科に相談することをおススメします。

では、そういった時の保湿クリームとして、皮膚科ではどのようなものを処方してくれるのか、また市販のクリームとはどのような点が異なるのかを、まとめてみたいと思います。

まず、酷い乾燥状態になっている肌は、肌細胞がとても弱っていて化粧品の浸透さえできないほどになっています。

また、それによって肌のバリアもますます弱ってしまい、外からの刺激に耐えられない…という悪循環が起こっているのです。

ちなみに、アトピー性皮膚炎で重い肌の悩みを抱えているという人もこの状態。

どれだけ化粧水や乳液を使おうとしても、浸透してくれないので意味がないのです。

そんな時に皮膚科へ行くと、

・肌の奥からバリア機能を強化してくれる

・血行を良くして肌を修復してくれる

・肌の炎症を抑えてくれる

こうした効果のあるクリームや、ローションなどを用途によって処方してくれるでしょう。

この効果を持っているのが「ヘパリン類似物質」という成分です。

これは別名で「ヒルドイド」とも言われていて、この名前なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

ヘパリン類似物質は、肌の血行を促進させて肌の修復を助け、傷跡やアトピーの掻きむしった跡を綺麗にするのにも効果的にはたらきます。

また、これ自体の保湿力がとても高いので、ローションタイプやミルクタイプでも十分な保湿力を持っている、とても優れた保湿成分なんです。

さらに、医薬品ですが効果は緩やかに現れるので、副作用などが起こる可能性も低いというのが良いところ。

ただし、血液の疾患、特に血が固まりにくいという病気を持ってる人、じゅくじゅくとした傷がある場所には使えないので注意が必要です。

また、手に入れるためには皮膚科を受診する必要があり、あくまでも皮膚が、化粧品では対応できない疾患レベルで乾燥した人向けであるという点にも気を付けたいですね。

ドラッグストアでは、こうした酷い乾燥に対応できるクリームは無いのかというと…実は、ヘパリン類似物質を配合したアイテムが販売されています。

もちろんそれを購入することでも乾燥肌の対策にはなるので、病院へ行くほどではないけれど、肌の調子が悪いから使ってみたいという人は、試しに市販のものから使うと良いでしょう。

処方されるものより成分としてのヘパリン類似物質の配合量が少ないというが大きな違いであり、それ以外には市販であるデメリットもないのでおススメです。

保湿クリームは皮膚科で処方されるものの方が、高い効果を得ることはできますが、病院で処方される薬なので“美容のため”というレベルの保湿効果とは異なります。

肌が荒れてしまって仕方がない、アトピー性皮膚炎で使える化粧品がない、そんな人の肌を根元から解決してくれるものであるという違いを覚えておきたいですね。

まずは、自分の肌がどれくらい乾燥してしまっているのか、皮膚科での治療が必要なのかを相談しに行くことから始めるといいでしょう。

【関連記事】⇒乾燥肌対策で顔に塗るクリームは何が良い?お勧めをチェック!

保湿とエイジングをWで叶えるクリームが40代には必要!

保湿ケアをすることでエイジングケアもできるとしたら、とても助かりますよね。

実は、保湿とエイジングケアには大きな関係があるんです。

保湿をすることで、肌細胞が水分で満たされてプルプルな状態になると、肌にもハリやツヤがでてきて見た目にも若々しい印象に。

逆に、肌がカサついていると、例え20代や30代でも老けて見られてしまう原因となるのです。

さて、40代に入ってくると、本格的なエイジングケアをしたい、と考える人も多いのではないでしょうか?

40代に突入すると、出産を経て子育ても落ち着き、趣味に時間を使いたくなったり、仕事をしている人ならさらにバリバリと力を注いでいく頃。

そうなると、なかなか肌と向き合う時間も少なくなりがちですが、ふと鏡を見た時に自分の顔に驚いた!というエピソードもよく聞きます。

そんな時こそ慌てずに、基本的な保湿をじっくり行うことが大切なんです。

保湿ケアとエイジングを両方行いたい40代には、クリームで高い美容効果のある成分を行うのも大切ですが、時間を割いていられないというのも本音ですよね。

そこでオススメの成分が「セラミド」です。

保湿の要と言っても過言ではないセラミドは、年齢と共に減っていき肌が水分を蓄えられない状態に。

反対に、セラミドが充実していれば、肌はどんな年齢でも、水分たっぷりの潤った状態でいられるということなんです。

このセラミドを効果的に、しかもオールインワンで効率よく肌に取り入れられるのが『トリニティライン・ジェルクリームプレミアム』です。

保湿とエイジングケアを両方手軽にしたいという、40代女性からの支持が多いクリームで、オールインワンなのでこれひとつでスキンケアが終わり!

だから、自分の時間をたっぷり持ちたい40代女性にはピッタリなんです。

また、成分のうち9割以上が美容成分でできているので、オールインワンだから物足りない…ということを感じさせないのが特徴。

水が基盤となっている従来のジェルとは違い、それだけの美容成分が入っているのでべたつくかと思いきや…さらっと浸透して後肌がモッチリ整うのも、人気のポイントなんです。

主な成分は

・天然セラミド
・スクワラン
・アミノ酸
・ヒアルロン酸
・マリンコラーゲン
・カンゾウ根エキス

など、水分と油分のバランスがとれ、さらに肌荒れや肌のハリにもアプローチしてくれる、心強い内容。

さらに、こうした成分をナノ化したカプセルに閉じ込めているので、肌細胞の隅々まで行き渡ってプルプルに。

リッチな使用感をオールインワンジェルに求めたい人にとっては、納得のいく使い心地と言えるでしょう。

保湿とエイジングケアを同時にできるクリームが、40代女性にはとてもオススメです。

ですが、化粧水や美容液を吟味していくのはとても大変ですし、スキンケアの時間を短時間で済ませたい人にとっては、濃厚でベタベタするものは嫌ですよね。

保湿をすれば自然とエイジングケアに繋がっていくので、保湿に手を抜かなければ大丈夫という事を利用して、シンプルなケアで十分な潤いを得られるアイテムを選んでみてください。

『トリニティライン・ジェルクリームプレミアム』は、40代以上の女性に人気のスキンケアなので、気になるという方は公式サイトをチェックしてみてください。

⇒トリニティーラインの公式サイトはこちら