保湿クリームの違いとは?皮膚科処方の特徴

保湿クリームを手に入れる場所として、皮膚科という選択肢もあります。

普通なら、ドラッグストアなどで市販されているものを購入するのですが、乾燥状態が酷い時や、市販の化粧品では手に負えないという場合には、皮膚科に相談することをおススメします。

では、そういった時の保湿クリームとして、皮膚科ではどのようなものを処方してくれるのか、また市販のクリームとはどのような点が異なるのかを、まとめてみたいと思います。

まず、酷い乾燥状態になっている肌は、肌細胞がとても弱っていて化粧品の浸透さえできないほどになっています。

また、それによって肌のバリアもますます弱ってしまい、外からの刺激に耐えられない…という悪循環が起こっているのです。

ちなみに、アトピー性皮膚炎で重い肌の悩みを抱えているという人もこの状態。

どれだけ化粧水や乳液を使おうとしても、浸透してくれないので意味がないのです。

そんな時に皮膚科へ行くと、

・肌の奥からバリア機能を強化してくれる

・血行を良くして肌を修復してくれる

・肌の炎症を抑えてくれる

こうした効果のあるクリームや、ローションなどを用途によって処方してくれるでしょう。

この効果を持っているのが「ヘパリン類似物質」という成分です。

これは別名で「ヒルドイド」とも言われていて、この名前なら聞いたことがあるのではないでしょうか?

ヘパリン類似物質は、肌の血行を促進させて肌の修復を助け、傷跡やアトピーの掻きむしった跡を綺麗にするのにも効果的にはたらきます。

また、これ自体の保湿力がとても高いので、ローションタイプやミルクタイプでも十分な保湿力を持っている、とても優れた保湿成分なんです。

さらに、医薬品ですが効果は緩やかに現れるので、副作用などが起こる可能性も低いというのが良いところ。

ただし、血液の疾患、特に血が固まりにくいという病気を持ってる人、じゅくじゅくとした傷がある場所には使えないので注意が必要です。

また、手に入れるためには皮膚科を受診する必要があり、あくまでも皮膚が、化粧品では対応できない疾患レベルで乾燥した人向けであるという点にも気を付けたいですね。

ドラッグストアでは、こうした酷い乾燥に対応できるクリームは無いのかというと…実は、ヘパリン類似物質を配合したアイテムが販売されています。

もちろんそれを購入することでも乾燥肌の対策にはなるので、病院へ行くほどではないけれど、肌の調子が悪いから使ってみたいという人は、試しに市販のものから使うと良いでしょう。

処方されるものより成分としてのヘパリン類似物質の配合量が少ないというが大きな違いであり、それ以外には市販であるデメリットもないのでおススメです。

保湿クリームは皮膚科で処方されるものの方が、高い効果を得ることはできますが、病院で処方される薬なので“美容のため”というレベルの保湿効果とは異なります。

肌が荒れてしまって仕方がない、アトピー性皮膚炎で使える化粧品がない、そんな人の肌を根元から解決してくれるものであるという違いを覚えておきたいですね。

まずは、自分の肌がどれくらい乾燥してしまっているのか、皮膚科での治療が必要なのかを相談しに行くことから始めるといいでしょう。

【関連記事】⇒乾燥肌対策で顔に塗るクリームは何が良い?お勧めをチェック!

SNSでもご購読できます。