保湿の顔用アイテム 男性におススメのケア用品は?

保湿のケアを顔にするのは何も女性だけではなく、男性でも同じようにケアすることが推奨されます。

よくよく考えてみると、男性の方が顔にダメージを受けていることが多いと思いませんか?

・あまり日焼け止めを塗らない、または気にしていない

・髭剃りでの肌への刺激が大きい

・女性よりも皮脂が多いので、べたつくのを嫌う人も多い

こうした点から、保湿を顔にしっかり行うのは、むしろ男性の方が必要なのではないかと思われます。

まず、女性ほど日焼けすることを気にしなかったり、朝忙しくて日焼け止めまで塗ろうと考えない人もいますし、むしろ洗顔をした後にスキンケアを塗らない人が多いのではないでしょうか?

そして、その理由として、“ベタベタするから”というのが一番多いかと思われます。

ですがこれはむしろ保湿をした方が良いからこそ、ベタベタしているんです。

顔は乾燥していると、保湿するために自分から油分を分泌します。

だから、顔を洗った後に何も塗らないでいると、外からの刺激や乾燥に負けないようにと油分が出てきて、それがべたつきの原因となってしまうのです。

また、髭剃り後ので肌表面が荒れている時にも、何も塗らずにいると乾燥肌や敏感肌になってしまう原因に。

男性の肌も女性と同じように日々ダメージを受けているのに、スキンケアがあまり重要視されていないということが問題かもしれませんね。

では、保湿ケアを顔に行う時、男性の場合はどんなケアをするのが最適なのでしょうか?

・いくつものアイテムを付けるのは面倒くさい

・男性ホルモンで油分の分泌は必然的に多い

・男性向けのメントール感には要注意

まずは、これらのポイントを押さえておきましょう。

女性は化粧水や乳液での丁寧なケアになれているものですが、男性はそうでない人もいることでしょう。

なので、始めからそういったケアをしようとすると継続できなくなってしまうことも。

そのため、オールインワンジェルやクリームで、ワンステップでケアが終わるものがオススメです。

オールインワンには水分と油分がバランスよく含まれているので、油分が多く出てしまう男性にもピッタリです。

この時気を付けたいのが、男性向けの化粧品に多い、メントールで冷感が得られるスキンケアアイテムです。

メントールは肌に爽快感を実感できるのですが、その代り刺激が強いというのが難点です。

特に、髭剃り後や日焼けをした後の保湿に、爽快感のある化粧品は避けていきたいところ。

同じように、男性向け化粧品には“アルコール分(エタノール)”が多いものもあるので、肌への刺激を考えると“男性用”の化粧品にこだわらなくても良いということを覚えておきたいです。

女性向けのイメージがあるスキンケア化粧品ですが、薬局やドラッグストアの売り場を見てみると、性別関係なく手に取れるような作りとなっているので、気軽に買い物に出かけることから始めるのが良いですね。

保湿ケアを顔に行う時、男性だからと言っても女性と全く違うケアをしなければいけないことはありません。

男性の肌も日々ダメージを受けているので、しっかりとケアしてあげたいですね。

【関連記事】⇒乾燥肌のスキンケア・30代で気を付けるべきこと

SNSでもご購読できます。